Pokemon SS s1 vivid rabbit

構築経緯

8世代のポケモンは全体的に種族値が控えめであったのでその中でもトップレベルの火力が出せて地面タイプとドラパルト以外のポケモンすべてに80割の確率で有利が取れるパッチラゴンを軸としてパーティを組み始めた。
パッチラゴンを通すことをコンセプトとしているので他の5体はパッチラゴンを補完するものを採用した。

f:id:hecate0912:20200101191220j:plain

 

個体解説

パッチラゴン

性格:いじっぱり AS252 B4
特性:はりきり 持ち物:こだわりスカーフ
:でんげきくちばし げきりん けたぐり じしん

このパーティの軸。相手の受け出しを許さないため性格はいじっぱり。
最速ドラパルトが抜けないところは要注意。
でんげきくちばしの性質上ダイマックス前提でつかわなくてもよいためアイアントとの差別化ができている。

 

ドラパルト

性格:ようき AS252 B4
特性:クリアボディ 持ち物:きあいのタスキ
:ドラゴンアロー ゴーストダイブ ふいうち のろい

最初は鬼火祟り目で使用していたが今回使用した構築が相手の鬼火ドラパルトが非常に重いのとアロードラパルトが減っていると感じたため対面で襷ドラパルトまで処理できるこの技構成のドラパルトを採用した。
このドラパルトとかいうポケモン何をさせても強い。
自分の中では評価が上下していたが、最終的にはTier1だと胸を張って言える。

 

アーマーガア

性格:慎重 HD252 A4
特性:ミラーアーマー 持ち物:オボンのみ
:ブレイブバード とんぼがえり ちょうはつ はねやすめ

ドラパルトのことをTier1と書いたがアーマーガアはさらにその上SSS級に位置すると筆者は考えている。(デッドダムドって感じだ...w)
この構築におけるアーマーガアはとんぼがえり専用マシーン。
相手のアーマーガアはパッチラゴンで容易に処理することができるため対面でちょうはつを入れにいかなくてもよいのが強み。

 

カビゴン

性格:腕白 H228 B252 D28
特性:あついしぼう 持ち物:フィラのみ
:すてみタックル ヘビーボンバー ほのおのパンチ のろい

7世代の流用。
ヘビーボンバーはダイマックスポケモンに効かないがカビゴンが相手のダイマックスポケモンと対面するときカビゴンダイマックスしているので気にならなかった。

 

ミロカロス

性格:図太い HB252 D4
特性:ふしぎなウロコ 持ち物:かえんだま
:ねっとう こごえるかぜ くろいきり じこさいせい

弱い。
あくびで流して相手の裏をみることのできるトリトドンの方がパッチラゴンと相性が良いのでトリトドン島村卯月

 

ミミッキュ

性格:いじっぱり AS252 H4
特性:ばけのかわ 持ち物:ラムのみ
:シャドークロー じゃれつく かげうち つるぎのまい

パッチラゴン以外の詰筋。
無難に強い。

 

選出

基本選出
→パッチラゴン+アーマーガア@1

ヒヒダルマがいる場合
カビゴン@2

 

自分語り

個体解説と選出のところを見てもらえればわかるようにほとんどパッチラゴンとドラパルト、アーマーガアしか選出していなかった。
それだけこの3匹の選出が強かった。
s1は2桁フィニッシュで終わるのを目標に潜って最終順位は80位。
目標は達成したが今回最終日に潜らないと決めていたはずが誘惑に負けてしまいレートに徹夜で潜ってしまった。
ポケモンヤクザの血って恐ろしいですね(;^_^A
改めて今回の構築は2桁フィニッシュを目標に組んだものなので1位を目指す人には向いていません。その理由がパッチラゴンの特性であるはりきりにあります。どんなに有利な対面であっても常に8割の負けがついてくるので安定しません。この理由と構築の改善点が多くあるのでQRパーティはないです。。。
今回この構築を3人でシェアした結果全員が2桁達成して筆者であるtarurin(Twitter id:@tarurin_)も2桁で終えることができました。うれしかったです。
次にレーティングバトルをするときは最終1位を目指したいのでしっかりと準備をして挑みたいです。
ここまで記事を読んでいただきありがとうございました

 

戦績

387戦240勝147敗 最高21位 最終80位

ps.パッチラゴンってポケモンアイドルマスターミリオンライブにでてくる望月杏奈ちゃんにそっくりじゃないですか?

f:id:hecate0912:20200101202924j:plain